徹底解説!リフトアップガイド

リフトアップ情報なら「徹底解説!リフトアップガイド」

いつも「徹底解説!リフトアップガイド」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
ここでは知っておきたいリフトアップ情報を豊富にお届けしています。

 

皮膚だけを上昇させるミニフェイスリフトと違い、長期間効果を持続させることが出来るのがSMAS法の特徴です。

 

またSMAS法は、たるみがひどい方などに最適ですが、逆にミニフェイスリフトは皮膚だけを引き上げるので、プチフェイスリフトとも言われ比較的たるみの程度が軽い部分の改善に向いているのです。

 

SMASの引き上げは耳の前のしわに沿って切開します。

 

しっかり止血を行いながら、丁寧にSMASの上部を剥離します。

 

このSMASとは形成外科医や美容外科医が使う用語ですけど、簡単に言うと、表情筋の筋膜だと思ってください。

 

SMASごと引き上げると、皮膚だけを引き上げる方法と違い長持ちして、引き上げる方向、距離によって色々な部位のリフトアップが可能となるでしょう。

 

リフトアップの中しかしていながら、現在はSMAS法が一般的な手術方法です。

 

SMASとは表情筋の筋膜のことで、皮膚だけででではなくこのSMASも一緒に引き上げないそしたら、皮膚は再びたるんでとしていいますのです。

 

しかもSMASを動かしながら手術すると、多種多様な方向あるいは引き上げる程度を自由自在に調節できる。

 

まず最初に的確な情報収集をすることが大切で、意外と知っているようで知らないのがリフトアップ 堺なのです
リフトアップの情報をインターネットや雑誌などを参考にして集めましょう。


更新履歴
トップへ戻る